沢山の種類がある認知症の症状|早期発見で病魔の進行を阻む

最新記事一覧

認知障害の病状と特徴

診察

アルツハイマーとの違い

高齢化が進む現代、65歳以上の高齢者のうち4人に1人は認知症、もしくはその予備軍というほど患者数が増加傾向にあります。誰でも一度は耳にした事があり、何となくその症状も知っている認知症ですが、アルツハイマーと何が違うのか分からない人が少なくありません。認知症とは、脳細胞が何らかの原因により壊死したり変化したりする事で様々な障害をもたらし、社会生活に支障をきたしてしまう状態の事です。一方のアルツハイマーは病名ですから、アルツハイマーが原因で認知症になるという考え方が正解という事になります。実際、このアルツハイマー型認知症は総患者の6割をしめています。その特徴ですが、女性に多いこと、そしてまずは記憶障害から起こる事です。その後症状が進行すると見当識障害が起こります。簡単に言うと、場所や人、時間などの認識が出来なくなるという事です。そして更には身体機能障害が起き、重篤な場合は寝たきりになることもあります。アルツハイマー型以外では2割の人がレピー小体型認知症です。こちらは男性に多く、うつ症状が出たり、パーキンソン症状や睡眠時の異常行動が出たりする特徴があります。アルツハイマーはある日突然発症する訳ではありません。初めに述べた「予備軍」と呼ばれるものが、軽度認知障害と呼ばれる認知症の前段階の事です。この期間は少しでも進行を遅らせる事が出来ると考えられています。いわゆる「脳トレ」と呼ばれるようなものもその一つです。あとは、体操をしながら計算をする、散歩しながらしりとりをする等、運動と脳トレの併用がデュアルタスクと呼ばれ認知症予防に有効だと言われています。

Copyright© 2018 沢山の種類がある認知症の症状|早期発見で病魔の進行を阻む All Rights Reserved.