沢山の種類がある認知症の症状|早期発見で病魔の進行を阻む

最新記事一覧

食生活を改善すると効果的

男性

早めの対策が大切になる

年齢を重ねると、自分自身が体験した事や友人の名前などを忘れやすくなるなどの症状が起こりやすくなります。脳の機能が壊れる事でこれらの症状が起こる場合は認知症である可能性がありますが、食生活などを改善する事で予防をする事が出来ます。脳に良いとされる食事としては鯖などの青魚が挙げられ、特にDHA多く含まれている食品が有効です。また、ポリフェノールも脳の健康を保つのに効果が高い成分の1つであり、赤ワインなどを適度に飲むことも効果的であると言えます。健康に良い食事を自分自身で料理をして作ることも、認知症の予防として効果があります。鯖缶などを使用して簡単な料理を作るようにすれば、頭を適度に使う事が出来ますし、必要な栄養を摂取する事が可能です。認知症の症状を改善する方法としては、自分自身で記憶力を維持するように努力を行うことでも改善が可能です。物忘れが増えている場合であっても、メモを取る習慣を身に付けることで記憶力を維持しやすくなります。文章は短めでも良いので、その日にあった出来事や食べた食事の感想などを日記として記録するのも効果的です。仕事を退職してから家にいる時間が長くなっているという方の場合は、散歩を習慣にしたり軽く体を動かす趣味を持つようにしたりすると認知症の症状が起こりにくくなります。毎日同じサイクルの生活を行うのではなく、小旅行に行くなど適度に変化をつけた生活をする事で、発症を防ぐ事が出来るようになります。

Copyright© 2018 沢山の種類がある認知症の症状|早期発見で病魔の進行を阻む All Rights Reserved.