沢山の種類がある認知症の症状|早期発見で病魔の進行を阻む

医師

早めに対策を行う

認知症の症状は様々あります。物忘れや置き忘れの他にも興味関心意欲がなくなってしまうなども認知症の症状の一つです。認知症かもしれないと思った時には、自分や家族だけで悩むのではなく専門医に相談しましょう。

最新記事一覧

障害によって分類できる

手

3つに分類できる

年齢が進むにつれて、物忘れをする人が増えてきます。これは仕方がないことですが、それとは別に注意するべきことがあります。それは、認知症を発症することです。認知症とひとくちにいっても3つの種類があるので、それぞれの特徴を理解しておくといいでしょう。ひとつめがアルツハイマー型認知症です。テレビニュースや新聞でもよく聞く言葉なので、知っている人も多いでしょう。海馬を中心に脳の萎縮が原因で起こる病気で、女性に多いのが特徴です。初期症状としては、物忘れが起こり、だんだん症状が進行していきます。中高年のひとだけでなく、若年層でも発症することがあるので注意しましょう。二つ目がレビー小体型認知症と呼ばれるもので、はっきりとした脳の萎縮が見られないケースが多いです。初期症状としては、幻視や妄想やうつ病に近い症状がでます。睡眠時に異常な言動を起こすなど、注意力が視覚に異常が発生していきます。男性に多く、調子のいいときや悪いときが交互に来たりしながら進行していくのが特徴です。三つ目は血管性認知症と呼ばれるもので、脳が壊死したところが確認できます。初期の症状としては、物忘れがおこり、男性におおく見られるのが特徴です。手足のしびれが起こったり、麻痺をしたり、感情のコントロールができなくなります。急に発症し、段階的に症状が進行していくケースが多いです。初期症状で発見できれば、進行を遅らせることもできるので、気づけるかどうかがポイントです。また、認知症は発症する前に予防していくことが重要です。DHAサプリを摂取して予防しましょう。DHAサプリは通販で気軽に購入することが可能です。また、同様にアルツハイマー型に効果的と言われているものにプラズマローゲンサプリが挙げられます。プラズマローゲンサプリにはDHAも配合されているタイプもあるため、自分に適したものを選んで購入すると良いでしょう。しかし、通院中の人は担当医に確認をしてから服用しましょう。処方薬がある場合には飲み合わせなどに付いても知っておくべきです。サプリメント以外で物忘れを防ぎたいのであれば記憶力アップのトレーニングをするのが良いと考えられます。脳を使うことで物忘れなども予防することができるので大切なことだと言えるでしょう。新しいことに挑戦することも記憶力アップになると言われています。

男性

食生活を改善すると効果的

高齢者の方でこれまで自分自身が体験した事を忘れてしまうなどの症状が起こり始めた場合は、認知症になる可能性が高くなっていると言えます。認知症は脳の機能に障害が起こる病気ですが、食生活や生活習慣を改善を行う事で予防をする事が可能です。

患者

生活習慣に関わり深い病気

老化状態ならもの忘れしても何らかのヒントでその体験全体を気づける状態です。一方、認知症になるとヒントを提供されてもその体験全体を全く気づかなくなってしまいます。認知症の症状が出た後では治しにくいので発症前に予防策を講じる必要があります。

Copyright© 2018 沢山の種類がある認知症の症状|早期発見で病魔の進行を阻む All Rights Reserved.